CLOVER英文法・語法ランダム演習(入試発展)LESSON9解答

(1) ③:特殊な形が、ラクダが砂漠で生きていく助けになっている。

(2) ③:その交通事故は、ひどい道路修理の結果だったように思われる。

(3) ③:そのような単純なミスをするとは、なんて私はばかなのでしょう。

(4) ⑤:両親が晩に外出したときはいつも、私は弟の面倒をみる仕事をしたものでし

   た。

(5) ③:これらの本はすべてトムのものです。それらのどれも私のものではありませ

   ん。

(6) ①:彼は、たとえあるとしても、国際政治に関する興味は少なかった。

(7) ④:そういうわけで私の母は彼のことをよく思っていなかった。

(8) ④:私の宿題を終わらせようと30分を費やしたが、終わらせるためにはもう30分必

   要です。

(9) ①:彼はなぜ同じ手順をたどる必要があるのでしょうか。

(10) ②:私たちとは文化が違う人々に会うのはおもしろい。

(11) ③:あなたはタクシーに乗ったほうがいい、そうでないと遅れるでしょう。

(12) ③:それはとてもよい公園だったので観客席はいっぱいでした。

(13) ②:この値段は大部分の消費者の手の届く範囲をはるかに超えている。

(14) ①:昨日のコンサートには4,000人もの観客がいました。

(15) ①:父は年をとるにつれて涙もろくなりました。

 

(1) ④:議論の間、私は彼を支持した。

(2) ①:彼は数分前に廊下でケイトに出くわした。

(3) ②:接近する台風のために彼らは野外コンサートを中止することに決めました。

(4) ①:サラは何でも知っているふりをしました。

(5) ③:日本の航空会社は特別運賃得を提供したが、アメリカのほうが、安い空の旅に

   関してはすばらしい(天国のようだ)。

 

(1) been, for  彼らは結婚して3年になる。

(2) ought, to  あなたはシドニーの私の友だちを訪ねるべきでした。

(3) only    彼女はベストを尽くしたが、再び失敗した。

(4) Though         彼は若いけれども、そのような場合大人はどうすべきかをわかってい

       る。

(5) kept, awake 頭痛で一晩中起きていた。

 

(1) ④:決定する前に、解決すべき多くの問題があります。

(2) ③:それぞれの人間の言語は、話されている人々の文化を反映している。

(3) ③:大学に入ったら、テニスクラブに入るかラクロスのチームに入るか決められな

   い。

(4) ②:聴衆に話すことに慣れていない人は、小さなカードにメモを書きとめておくと

   役立つことがわかるでしょう。

(5) ①:気温もまた、この10年で、測定が可能なほかのどの年よりもどんどん上がって

   きている。

(6) ③:MBA経営管理修士号)プログラムは、いくらかの経営の経験がすでにあ

   り、経営管理の経験をさらに伸ばそうとしている人々のためにつくられたもので

   ある。

(7) ②:彼女が農場の近くの小さな橋を渡るとすぐに、暴風雨がさらに強さを増して再

   び吹き始めた。

(8) ④:教室の学生たちは、友だちにEメールを送ったり、おしゃべりをしたり、化粧を

   直したりするのに忙しくて、講義に集中できなかった。

 

(1) We regret to inform passengers that the 14:50 train fir Osaka will leave  

    approximately 37 minutes late.

(2) What is needed to become a good teacher is knowing not only what to teach but

     how to teach it. 

(3) Don't let the news be disclosed to any reporters before the official announcement.

(4) Before you go to a foreign country where your language is not spoken, you cannot  

    realize how inconvenient it is to be unable to make yourself understood.

(5) I had walked less than a mile when I began feeling like going back home.

(6) We often don't recognize the value of the things we have until we've lost them.

(7) Dolphins can learn many complicated tricks if trained from an early age.

NEO現代を探る Advanced Unit20

(解答)

1.初期の人類は、私たちが今なお行っており、そして役に立つと思っている基本的な

 区別に基づいて、彼らの考えや思考を整理していた。

2.ある物が直接見えなくてもそれが存在しなくなったわけではないということ。

3.これらの洞窟壁画は「ここにあるもの」と「ここにあったもの」の区別をはっきり

 と描くことができた地球上の種の最初の証拠となる。

4.最小限の努力で可能な限り多くの情報を記号化したいという欲求

5.②

6.①②

【Summary】

(1)①  (2)④  (3)⑤  (4)②  (5)③

 

(全文訳)

 1 ⃣

 言語が私たちのためにしてくれる最も重要なことの1つは、私たちが区別をつけるのを助けるということだ。私たちが何かを食べられるものだと言うとき、私たちはそれを、暗黙のうちに、自動的に、食べられない他のすべてのものと区別している。私たちがあるものを果物と呼ぶとき、私たちは必然的にそれを野菜や肉や乳製品と区別しているのだ。

 2 ⃣

 初期の人類は、私たちが今なお行っており、そして役に立つと思っている基本的な区別に基づいて、彼らの考えや思考を整理していた。もっとも初期になされた区別の1つは、現在と非現在の区別だ。「これらのことは今この瞬間に起こっていて、他のあれは過去に起こったことで今は記憶の中にある」、というように。他のどんな種も、過去・現在・未来をこのように自己を意識して区別することはない。もちろん、多くの種は、巣作りをしたり、南へ渡ったり、冬眠したり、交尾したりすることにより時間に反応する。しかし、こうしたことはあらかじめプログラムされた本能的な行動であり、これらの行動は意識的な決断や熟考や計画の結果ではない。

 3 ⃣

 「現在」対「過去」の理解と同時に生じるのは、対象の永続性ーある物は直接視野に入っていないかもしれないが、そのことはそれが存在しなくなったということではない、ということーの理解である。私たちの脳は、ある対象の情報が感覚受容器から入ってきたときに、今ここにある対象を描き出す。例えば、私たちはシカを見ると、目を通してシカが自分の目の前に立っていると認識する。そのシカがいなくなっても、私たちはその姿を思い出してそれを心の目の中に描き出すことができ、さらにはそれを描いたり採食したり像を彫ったりして、それを外部に表現することさえできるのだ。

 4 ⃣

 「ここー現在」と「ここー非現在」とを区別する人間の能力は、少なくとも5万年前に洞窟壁画に現れた。これらは「ここにあるもの」と「ここにあったもの」の区別をはっきりと描くことができた地球上の種の最初の証拠となる。言い換えれば、洞窟に住んでいたこれらの初期のピカソたちは、まさに描くという行為を通して、時間と場所と物に関する区別をしていたのであり、それは、私たちが現在「心的表象」と呼んでいる高度な認識操作なのだ。そして彼らがはっきりと示していたのは、明確に表現された時間の感覚だった。あそこに(もちろんこの洞窟の壁にではない)シカがいたのだ。そいつは今そこにはいないが、さっきはそこにいたのだ。今とさっきは違う。ここ(洞窟の壁)はあそこ(洞窟の前にある草原)を表しているにすぎないのだ。私たちの施行の組織化における先史時代のこの一歩は極めて重要であった。

 5 ⃣ 

 このような区別をするとき、私たちは、しばしば見過ごされることだが、暗黙のうちに分類を行っている。人間における分類の形成は、最小限の労力でできるだけ多くの情報を記号化したいという認識原理に導かれている。分類化のシステムは認識を最も容易にし、これらのシステムについてコミュニケーションをとることができるということの重要性を最大化する。

 6 ⃣

 分類化は社会生活にも浸透している。今日地球上で話されていることがわかっている6,000言語全般において、すべての文化が言語を通じて、「家族」として誰かが誰かと結びついているのかを示している。親族を表す語(母、父、娘、息子、姉妹、兄弟など)のおかげで、私たちは存在しうる関係の膨大な集合を、より扱いやすく、より少ない数の集合、つまり使用に便利な分類にまで減らすことができる。親族の構造のおかげで、私たちは最小限の認識努力でできる限り多くの関連情報を記号化することができるのだ。

NEO現代を探る Advanced Unit19

(解答)

1.心理学者たちが、人々に1対の三角形と1つの円が正方形の周りを動いているアニ

 メーションを見せ、何が起こっているのかと尋ねると、人々は、「円が三角形を追い

 かけている」と、まるでそれぞれの図形が意図や理由を持っているかのような描写を

 した。

2.(a)③  (b)⑨  (c)②

3.文化人類学者たちは、物語を話すことが人間の文化の中に存続してきたのは、それ

 が集団の中の社会的結束を促進し、未来の世代へ知識を伝える貴重な方法として役に

 立つからでもあったかもしれないと述べている。

4.パイロットになろうとする人が航空シュミレーターで訓練することにより、実際に

 空を飛ぶのに必要な技能を身に付けるのと同じように、個人は物語を通して、社会生

 活を送る上で極めて重要な社会的能力を身につけているのかもしれない、というこ

 と。

5.社会的技能に優れた学生たちは、より多くの物語を読むことによってそうなったの

 か、それとも逆に、学生たちが社会的技能に優れているために、より多くの物語を読

 んだのかという問題。

6.④

【Summary】

(1)④  (2)②  (3)①  (4)③  (5)④  (6)②

 

(全文訳)

 1 ⃣

 人間は、人の身になって考えることができる。つまり、私たちはほかの人が何を考え、そして感じているのかを想像することができるのだ。「共感」として知られるこの能力は、社会的交流や共同社会での生活にとって、そして物語を理解するのにも、不可欠だ。 

 2 ⃣

 共感は社会生活にとって非常に重要なので、いったんそれを身につけると、私たちはあらゆるところに心があると想像し、あらゆるものから物語をつくりだす傾向がある。ある有名な研究はこの傾向を簡潔に証明した。心理学者たちは人々に、正方形の周りを動いている1対の三角形と1つの円のアニメーションを見せ、その参加者たちに何が起こっているのかと尋ねた。彼らはその場面を、-たとえば「円が三角形を追いかけている」と、-まるで図解が意図や理由を持っているかのように描写した。それ以降の多くの研究は、人間には周囲の世界で目にするあらゆるものから登場人物や物語をつくりだす傾向がある、ということを裏付けてきた。

 3 ⃣

 しかし、これほど空想する傾向が強いことの進化上の利点には、どんなことがあり得るのだろうか。ハーバード大学進化心理学スティーブン・ピンカーは、物語は、自分の社会集団において他人との人間関係を学んだり、発達させるのに重要な道具であると主張している。そしてほとんどの科学者が賛同し始めているのは、物語にはとても強力ですべての人を引き付ける魅力があるので、物語を話すこととそれを楽しむことの神経的な根源はどちらも、おそらく私たちの社会的意識の重要な部分と結びついているだろう、ということだ。

 4 ⃣

 私たちの祖先が集団で生活するように進化するにつれて、彼らはますます複雑になる社会的関係を理解しなければならなくなった。共同体で生活するには、だれが集団のメンバーで、彼らが何をしているのかということに注意を払う必要がある。そうした情報を広めるのに、物語を話すこと(による)以上によい方法があるのだろうか。

 5 ⃣

 実際、今日でも、人々は会話の大半を個人的な話やうわさ話に費やす。ある文化人類学者は、年齢や性別にかかわらず、公共の場で人々が会話した時間の65パーセントを社交的な話題が占めていることを発見した。

 6 ⃣

 文化人類学者たちは、物語を話すことが人間の文化の中に存続してきたのは、それが集団の中の社会的結束を促進し、未来の世代へ知識を伝える貴重な方法として役に立つからでもあったかもしれないと述べている。しかし心理学者の中には、物語は個人にとっても重要な効果があるー想像の世界は極めて重要な社会的技能の試される場として役に立っているのかもしれないーと考え始めている者もいる。

 7 ⃣

 「パイロットになる訓練をしているなら、航空シュミレーターの中で時間を費やすものだ」と、ある応用認知心理学の教授が語っているが、彼の行った予備調査は、物語は社会生活のための「航空シュミレーター」の機能を果たすかもしれないということを示唆している。ある先行する研究は、物語を楽しむことと社会的能力が高いことの間には関連がることをうかがわせた。その研究者たちは、より多く物語に親しんできた学生は社会的能力と共感のテストでより良い成績を収める傾向があることがわかった。その結果は刺激的だが、研究者たちはその研究が原因と結果の問題を考慮に入れていないと警告している。言い換えれば、彼らが考えるように、物語に親しんでいることは社会的技能を高めるのかもしれないが、単に社会的能力のある者は多くの物語を探し始める、ということだけかもしれないのだ。しかしながら、どちらにせよ、現実の人々を相手にする能力と、物語に想像力豊かに反応する能力の間には、はっきりとした重要な関連がある。共感は私たちに、その両方の活動のために必要な技能を与えてくれるのだ。

 

NEO現代を探る Advanced Unit18

(解答)

1.②

2.睡眠中に、日中見た物事の記憶が新たなしっかりした記憶にまとめられ、情報が短

 期の保管場所から長期の保管場所へと移されること。

3.計算の手順を減らして問題を即座に解けるようにする、第3の隠れた規則があっ

 た。

4.8時間睡眠をとっても、睡眠の前に2つの規則を使った訓練を受けなかったグループ

 は、第3の隠れた規則を見つけることができなったから。

5.新しい記憶は、睡眠中に洞察を刺激するような方法で処理され、その洞察が意識に

 浸透するので、一晩寝ているうちに創造的なひらめきや解決策が生まれる可能性があ

 るから。

6.②⑤

【Summary】

(1)②  (2)③  (3)⑤  (4)①  (5)④

 

(全文訳)

 1 ⃣

 突然の独創的なひらめきや、難解な問題の解放でさえ、睡眠の無意識の作用から生じることがあるということを、歴史は示唆している。

 2 ⃣

 ドミトリー・メンデレーエフは、周期表の発見は、彼に元素をどこに置くべきか教えてくれた夢のおかげだと考えた。フリードリッヒ・アウグスト・ケクレ・フォン・シュトラードニッツは、ヘビが自分のしっぽをかんでいる夢の映像の中に、ベンゼンの環状の形を見出すことができた。そしてノーベル賞受賞者のオットー・レーヴィは、受賞対象となった、化学的神経伝達の発想を証明するカエルの心臓を使った実験は、夢の中で思いついたのだ、と言った。

 3 ⃣

 これらの例外的な事例は、単なる幸運な偶発的出来事だったのだろうか、それとも洞察を可能にする睡眠の能力の最も顕著な例だったのだろうか。お望みなら、それらを考えなくても結構。しかし、科学による有力な説明は、睡眠と夢は記憶の組織化と保存に強い影響を及ぼす、というものだ。私たちが記憶の中に蓄えられている情報にたどり着く能力は、それが意識的に行われる場合でも、無意識的に行われる場合でも、どちらの場合でも、問題解決において極めて重要な部分であり、それらの記憶にたどり着くのは、どうやら睡眠が活躍する場面であるらしい。

 4 ⃣

 睡眠中に、記憶はまとめられる。日中に見た物事は新たなしっかりした記憶になる。そして情報は短期記憶の保管場所から長期記憶の保管場所へと移され、そこでその情報は目の前の作業のために後からアクセスすることができる。睡眠中や夢を見ている間の脳波の活動パターンを調べる研究は、このことを強く示唆してきたが、それより直接的な方法でも例証されている。

 5 ⃣

 最もよい例の一つは、ネイチャー紙に掲載された2004年の研究で、それはいくつかの大学生のグループを訓練して記憶実験を行わせるものだった。それぞれの学生は8つの並んだ数字を新たな数字の並びに変換するための2つの規則を学び、それぞれのグループは訓練の後で1回、8時間後にもう1回テストを受けた。ただし、計算の手順を減らして問題を即座に解けるようにする第3の隠れた規則があることは、だれも教えられなかった。

 6 ⃣

 休憩時間に睡眠をとることを許された学生の60パーセントは、その隠れた規則を考えついた。しかし、ずっと起きていた学生は22パーセントしかそれを発見できなかった。同時にまた、訓練を受けずに8時間の睡眠をとった別のグループは、その規則をまったく考えつくことができず、睡眠は作業の記憶が最初に形成された場合にのみ役立つことをうかがわせた。

 7 ⃣

 その研究が非常に説得力を持って立証したのは、新しい記憶は睡眠中に洞察を刺激するような方法で処理され、その洞察がその後、意識の中に浸透してくる、ということだ。これがどのように起こるのかはまだ不明だが、科学者たちは、明確な記憶作業はたいていの場合、睡眠の深い段階と関係していることがわかってきた。しかし、洞察は睡眠の急速眼球運動(REM)段階で起こる夢の中で獲得されることを示唆する証拠もある。両方(睡眠の深い段階と、急速眼球引導段階)が異なる方法でその過程に貢献しているのかもしれない。

 8 ⃣

 独創をもたらす睡眠の背後にある仕組みが何であれ、大事な試験や大きなプレゼンテーションが間近にあったり、複雑な問題が心の重荷になったりしているなら、一晩寝て考えるのが一番かもしれない。

 

NEO現代を探る Advanced Unit17

(解答)

1.泣いている人は泣いていることを謝り、相手が泣いているのに気づいた人は、あら

 ゆる手を尽くして泣くのをやめさせようとすること。

2.真価が無目的な反応を生み出したことはほとんどないのだから、泣くことは生存期

 間を延ばす機能が1つかそれ以上あるはずだ、と考えるのは理にかなっている。

3.①

4.男性は女性に比べてストレス性疾患にかかりやすい。

5.②

6.①⑤

【Title】④

 

(全文訳)

 1 ⃣

 泣くことはとうてい社会には奨励されない行動である。それが悲しみの涙だろうと怒りの涙だろうと、たいていアメリカ人を居心地の悪い、困惑した気持ちにさせる。涙を流す人は、悲惨な出来事がその原因だったとしても、おそらく謝ることだろう。相手の涙に気づいた人は、あらゆる手を尽くして泣くのをやめさせようとするだろう。しかし、こうした感情表現や、病気と泣くことのつながりや、涙の化学組成に関する研究から判断すると、涙に対するそうした態度はどちらも、多くの場合、間違いであり、有害でさえあるかもしれないのだ。

 2 ⃣

 人間は、感情の涙を流すことがはっきりとわかっている唯一の動物だ。進化が無目的な反応を生み出したことはほとんどないのだから、泣くことには生存期間を延ばす機能が1つかそれ以上あるはずだ、と考えるのは理にかなっている。

 3 ⃣

 実際、新しい研究は、感情の涙はストレスを減らすことに関して直接的な役割を果たしているのかもしれないということを示唆している。涙の化学組成を研究しているミネソタ大学の研究者たちは最近、感情の涙の中に重要に化学物質を発見した。それらの1つは、人体の天然の鎮痛物質の1つであるエンドルフィンだ。この化学物質は感情に反応して流れる涙の中にしか見つからない。切った玉ねぎのせいで流れる涙は、そのような物質を含まないだろう。

 4 ⃣

 泣く行動と声は、幼児の病気を発見するのに役立つかもしれない。カリフォルニア州の2人の研究者は、病気の乳児がしばしば甲高い声で泣くことを発見した。泣くことはまた、乳児が離せるようになる前には、彼らにとってコミュニケーションの手段として役立っているようだ。母親はすぐに、痛みや恐怖や空腹の鳴き声と、欲求不満の鳴き声とを区別できるようになる。

 5 ⃣

 大人に関しては、ワシントン大学のフレイ博士は、1か月間「涙日記」をつけた200人以上の男女を調べ、85パーセントの女性と73パーセントの男性が泣いた後で気分がよくなったと言っていることを発見した。平均すると、その実験は、泣いた後でストレスが40パーセント減ると報告した。

 6 ⃣

 このような軽減が報告されているにもかかわらず、男性はあまり泣かない。フレイ博士は、涙を抑えることが、男性が女性に比べてストレス性疾患にかかりやすい理由かもしれないと示唆している。彼はまた、ストレス関連の病気を持っている人は健康な人に比べて、泣くことを弱さのしるしとみなす傾向があることを発見した。一般的に言って、病気の人はなく回数が少ないという傾向がある。

 7 ⃣

 涙がストレスを和らげるという説が正しければ、喜びの涙はどう説明すればよいのだろうか。従来の説明は、卒業式や結婚式やハッピーエンドの物語で泣くことは、不幸な感情を反映している、というものだ。これらの幸福な出来事は、子どもとの別れや子どもの将来についての不安といったよくない意味を含んでいるのかもしれない、というのだ。しかしながら、もっともありそうな理由は、喜びの涙は強い感情に対する反応であるというものだ。深い思いのこもった感情は、それが悲しい気持ちだろうと幸せな気持ちだろうと、ストレスになる可能性がある。

 8 ⃣

 いずれにせよ、集められた証拠は泣くことに対する態度を確実に変えさせるのに十分な説得力がある、とフレイ博士は確信している。泣くことは自然な現象であり、涙を抑えるのは健康に悪いことらしい。

 

 

NEO現代を探る Advanced Unit16

(解答)

1.ある行動を示す人が多ければ多いほど[多くいればいるほど]、他の人々はそれを

 より適切だと判断するものだ。

2.部屋に入ってきた5人が皆、役者であるという事実。

3.他の5人の解答と一致するように、1番と誤った回答をすること。

4.危険に遭遇したときに仲間と一緒に逃げなかった人々は命を落とし、その遺伝子を

 後世に伝えることはなかったから。

5.自社製品は「最も人気がある」からより優れているのだ、と主張する会社の広告を

 信用してはいけない。

6.⑤

【Point】②

 

(全文訳)

 1 ⃣

 あなたはコンサートへ行く途中だ。交差点で、あなたは一群の人々が皆。空を見つめているのに遭遇する。何も考えることすらせずに、あなたも上を見る。なぜか。社会的証明のせいだ。コンサートの後、あなたはコートを受け取るために手荷物預かり所に行く。あなたは、あなたの前にいる人々が皿の上にコインを置く様子を見るー表向きはそのサービスがチケットの価格に含まれているにもかかわらず、だ。あなたはどうするか。きっと同じようにコインを置くだろうなぜか。社会的証明のせいだ。

 2 ⃣

 社会的証明ー群居本能と大まかによばれることもあるーのせいで、人は、他人と同じように行動するときに正しく行動していると感じる。そして、ある行動を示す人が多ければ多いほど、他の人々はそれをより適切だと判断するものだ。

 3 ⃣

 伝説的な心理学者のソロモン・アッシュによって1950年代に行われた簡単な実験では、1人の被験者が紙に書かれた1本の線とその隣の3本の線(1番、2番、3番)-さいしょのものより短い線と、長い線と、同じ長さの線ーを見せられる。被験者は3本の線のうちどれが最初の線と一致するかを指示さなければならない。その被験者1人だけが部屋にいる場合、彼は正しい答えを指す。今度は他に5人が部屋に入る。彼らは全員が役者なのだが、これは被験者が知らない事実である。3番が正しい答えであることは非常にはっきりしているにもかかわらず、彼らは次々に「1番です」と言って間違えた答えを指す。その後、再び被験者の順番になる。事例の3分の1において、その人は他の人たちの解答に合わせて、間違った回答をするのだ。

 4 ⃣

 なぜ私たちはこのような行動を取るのだろうか。その昔、他人に追従することは生き残るための適切な戦略だった。5万年前、あなたは狩猟採集民の友人たちと原野を移動していると、突然彼らが皆、ある一匹の動物の姿を見て逃げ出したとしよう。あなたはどうしただろうか。そのままじっとしていて、自分が見ているものは一体何なのだろう、とあれこれ考えていただろうか。ライオンだったのかな、それともライオンみたいに見えただけで、実は害のない動物だったのかな、と。いや、あなたは友人たちに追従しただろう。後になって、あなたが安全になったとき、あなたはその「ライオン」が実際には何だったのかをじっくり考えたはずだ。集団と違った行動を取った者たちは、後の世代に遺伝子を伝えることはなかった。私たちは他人の行動をまねした者たちの直系の子孫なのだ。このパターンは私たちの中に非常に深く根付いているので、私たちは今日でもなお、たとえほとんどの場合それが生存に何の利点ももたらさないとしても、それを用いるのだ。

 5 ⃣

 広告業界は社会的証明に対する私たちの弱さから大いに恩恵を受けてる。これが功を奏するのは、様々な車種や洗剤や化粧品など、明らか長所や短所がない製品から1つに決めるときのように状況が不明瞭な場合、そして「あなたや私のような」人々が登場する場面においてである。

 6 ⃣

 だから、自社製品は「最も人気がある」からより優れているのだ、と主張する広告を信用してはいけない。ある製品が最も多く売れているというだけの理由で、どうしてそれが他より優れているということになるだろうか。そして、詩人のアナトール・フランスの名言を覚えておこう。「たとえ5千万人がばかなことを言おうと、それはやはりばかなことだ」。

 

NEO現代を探る Advanced Unit15

(解答)

1.今日の立派な思想家たちの多くは、気候変動やその他の環境危機と戦う私たちの努

 力は、人口増加について「私たちが何かを行う」ことがない限り、すべて失敗するだ

 ろうと主張している。

2.②

3.現在では医療と公衆衛生の改善により、ほとんどの乳児が成人になるので、次の世

 代を確実に残すために子どもを5人も6人も生む必要がもはやなくなったから。

4.これまでの消費の増加のほとんどは、大幅な人口増加をやめて久しい豊かな国々に見られたものであり、いまだに続いている人口増加のほとんどは、地球にごくわずかしか影響を与えない国々に見られるものだから。

5.(5a)③  (5b)④  (5C)②  (5d)①

6.③④

【Point】 ④

 

(全文訳)

 1 ⃣

 今日の立派な思想家たちの多くは、気候変動やその他の環境危機と戦う私たちの努力は、人口増加について「私たちが何かを行う」ことがない限り、すべて失敗するだろうと主張している。ある思想家は最近、「過去200年間、人口増加は急激だった…。世界人口は40年ごとに倍増している」と述べている。

 2 ⃣

 しかし、これはばかげた考えだ。そもそも、急激な増加などないのだ。それどころか、人口増加は減速しつつある。ここに数字がある。40年前、平均的な女性が産む子どもの数は、5人から6人の間だった。今では2.6人である。これは、成人に達しない少女を数字に入れた約2.3の人口置換水準に近付きつつある。

 3 ⃣

 女性が産む子どもの数が少なくなってきているのは、歴史上初めて、彼女たちにそれが可能になったからだ。よりよい医療と公衆衛生のおかげで、ほとんどの乳児は成人するまで生きられる。次の世代を確実に残すために子どもを5人も6人も生む必要はもはやない、だから彼女たちはそうしないのだ。

 4 ⃣

 だからと言って人口の増加が止まったというわけではない。世界の人口は依然として年に7000万人ずつ増えている。これはタイムラグがあるせいだ。つまり、以前のベビーブームの間に生まれた大勢の若い女性たちは、各々2人ずつしか子どもをもうけなかったかもしれない。これでもまだ、子どもたちはたくさんいる。しかし、1世代のうちに、世界の人口はほぼ確実に安定するだろう。このことは自然環境と地球の資源にとってよい知らせだろう。明らかに、人口が少なければ地球へのダメージも減る。しかしそれは、それだけでは地球の環境問題を解決するのに大して役立たないだろう。なぜなら、人口増加に関する2つ目の誤った考えは、それが私たちの惑星の破滅の原動力だ、というものだからだ。

 5 ⃣

 実は、地球への脅威としては、今日の消費の増加は人口の増加をはるかに上回っている。そして、追加される消費のほとんどが、人口にかなりの数を加えることをずっと前にやめた裕福な国々で起こっている一方、未だに残っている人口増加のほとんどは、地球にごくわずかな影響しか与えない国々で起こっている。ほとんどどの尺度から見ても、世界の人々のわずかな割合が地球の資源の大部分を獲得し、汚染の大部分をつくりだしているのだ。

 6 ⃣

 二酸化炭素の排出を見てみよう。この現在の最大の懸案事項は気候変動に関係している。世界の最も豊かな5億人の人々ーそれは地球の人口の7パーセントだーが、地球の二酸化炭素排出量の半分に対して責任がある。逆に、人口の半分を占める非常に貧しい人々は排出量のたった7パーセントに関与しているにすぎない。今後30~40年間にこの地球上に増えることが予想される、さらに20億人ほどの人々のほぼすべては、世界の半分を占める貧困層に属するだろう。二酸化炭素排出量に対する彼らの影響は小さいだろう。

 7 ⃣

 要するに、問題なのは人口過多ではなく、消費過多なのだ。富める者である我々がもっぱら引き起こした環境破壊について、我々は世界の貧しい者たちを責めてはならない。本当のところは、人口爆弾は世界中で解消されつつあるのだが、消費爆弾は準備万端なのだ。それはかつてないほど危険になりつつある。